研究業績  
 学術論文 著書 紀要 報告書 学会発表その他

学術論文

【修士論文】

 超音波骨密度測定装置
CM-100を用いた学童の踵骨測定位置の検討
 2004.3)
【博士論文】
 歩行分析からみた靴底の摩耗の影響に関する研究(2007.3)
【論文】
1.大阪府下の学校・園における傷害発生状況の変容―完全学校週5
 の影響―:
齋藤誠二,三村寛一,鉄口宗弘,安部恵子,三村達也,高
 木信良.教育医学.50(2)273-280(2004.10)
2.
アテネパラリンピック日本代表車いすマラソン選手の低酸素トレーニ
 ングに関する事例報告:村木里志,調俊太郎,齋藤誠二,内田若希.
 障害者スポーツ.3(1)57-66(2005.5)
3.高齢者の転倒予防を目的とした膝上げ歩行に関する基礎的研究
 -膝の高さが歩容および主観的有用性に及ぼす影響-:齋藤誠二,
 江上弘孝,村木里志.障害者スポーツ.4(1).55-61(2006.5)
4.
靴底の摩耗が歩行中の下肢に与える影響:齋藤誠二,村木里志.人間
 工学.42(4)11-18(2006.8)
*日本人間工学会研究奨励賞受賞
5.15歳から20歳男子における身体組成と運動習慣ならびに親の体型
 の関係:
野口正憲,綱分憲明,吉塚一典,齋藤誠二,村木里志,綿貫
 茂喜.日本生理人類学会.11(4)13-18(2006.11)
6.若年者と高齢者における靴の使用と靴底の摩耗特性に関する実態調査
 :齋藤誠二,村木里志.靴の医学.20(2)136-141(2007.3)
7.Effects of Worn-Out Soles on Lower Limbs Stability, Shock
 Absorption and Energy Cost during Prolonged Walking: Saito S.,
 Muraki S., Tochihara Y., Journal of Physiological Anthropology.
 26(5)521-526(2007.1)
8.15歳から20歳女子における身体組成と運動習慣ならびに親の体
 型との関係-男子との比較-:野口正憲,綱分憲明,吉塚一典,齋藤
 誠二,村木里志,綿貫茂喜.日本生理人類学会.12(3)133-138(
 2007.8)

9.靴底の摩耗が高齢者の歩行中の下肢に与える影響:齋藤誠二,村
 木里志,栃原裕.人間工学.43(5)245-251(2007.10)
10.転倒予防を目的とした膝上げ歩行が下肢の筋活動および呼吸循
 環器系に及ぼす影響:齋藤誠二,江上弘孝,黒田孝路,吉田光徳
 ,村木里志.ウォーキング研究.11 217-224(2007.12)
11.現代日本人における15歳から20歳男女の体型の多様化-過去約
 20年間の推移より-:野口正憲,綱分憲明,吉塚一典,齋藤誠二,
 村木里志,綿貫茂喜.日本生理人類学会.13(4)43-50(2008.11)
12.介助による車いす推進速度が乗り心地および介助負担に及ぼす影響
 :能登裕子,齋藤誠二,村木里志.日本看護技術学会誌.8(2)
 37-45(2009.6)
13.レバー式ドアハンドルのハンドル角度に関する研究-ユニバーサ
 ルデザインのドアハンドルの開発-:桐山有司,齋藤誠二,村木
 里志.人間生活工学.10(1)47-53(2009.9)
14.乗車者の乗り心地を考慮した車いす発進・停止操作方法の検討
 :能登裕子,塩満春彦,齋藤誠二,村木里志.日本音看護技術学
 会誌.9(1)83-93(2010.4)
15.高齢者の障害物またぎ動作における足の軌跡と位置知覚に関す
 る研究:齋藤誠二,村木里志.人間工学.46(2)172-179(
 2010.4)
16.歩幅を用いた車いす発進・停止操作方法の有用性について:能
 登裕子,齋藤誠二,村木里志.日本看護技術学会誌.10(2)
 40-46(2011.10)
17.Effects of Various Knee-Raising Posture in a Supine
 Position on Swelling in the Lower Legs and Feet in Elderly
 Women: Muraki S., Kuroda K., Noto H., Ookura M., Saito
 S., Journal of Human Ergology. 40(1-2)109-117(2011)
18.スリッパの着用が歩容に与える影響:齋藤誠二,田中翔子,松
 本和也.人間工学.48(5)266-273(2012.10)*日本人間
 工学会論文賞受賞

19.Physical Strain and Risk during Stroller Locomotion on
 Cross and Combined Slopes: Muraki S., Saito S., Ookura
 M., Advanced Engineering Forum. 10 43-50(2013)
20.The Validity of Our New Sneakers Designed for More
 Comfort and Easy Walking: Saito S., Fujita H.,Imaizumi K.,
 Kishine N.,Journal of the Japan Research Association for
 Textile End-Uses. 56 (3) 71-81 (2015.3)
21.若年男性における靴底の摩耗と使用状況および歩容との関係
 齋藤誠二.人間工学.51(5)324-332(2015.10)
22.長時間歩行および立位姿勢中の下肢のむくみに起因する不快
 感に関する研究:齋藤誠二,村木里志.バイオメカニズム学会誌
 .40(2)121-129(2016.5)
23.ウォーキングバイシクル乗車時のエネルギー消費量ならびに
 下肢筋活動水準:志多木啓太,綾部誠也,齋藤誠二,高戸仁郎
 ,犬飼義秀.日本スポーツ健康科学誌.3(1)37-44(2016.9)
24.靴底の摩耗が歩容に与える影響の運動学・運動力学的分析:
 小出彩友美,齋藤誠二,倉本尚幸.人間工学.52(6)249-257
 (2016.12)

【Proceeding (full paper) 査読あり】
1.移動経路上のバリアにおけるベビーカー利用者の身体負担と危機
 感に関する調査研究:大神博史,齋藤誠二,村木里志.日本福祉
 のまちづくり学会第8回全国大会概要集.647-650(2005.8)
2.Physiological Approach to a Desirable Gradient of
 Longitudinal Slope for All Users: Muraki S., Saito S.,
 Mihoshi A., Proceedings of the 2nd International
 Conference for Universal Design in Kyoto
 2006.(CD-ROM,printed matter) 993-1001 (2007)
3.小型電話機の縦キーピッチと片手親指操作の操作性に関する研究
 -ユニバーサルデザインの視点から-:延廣良香,齋藤誠二,村木
 里志,岡部啓一,阿部哲治,佐井章重.The Proceeding of the
 2nd International Conference for Universal Design in Kyoto
 2006.(CD-ROM,論文集和文版)121-129(2007)
4.乗り心地に関連した看護師の車いす推進操作の実態調査:能登裕
 子,齋藤誠二,村木里志.第38回日本看護学会論文集.
 148-150(2008)

【Proceeding (full paper) 査読なし】
1.Effects of Physical Activity and Heredity on Physique and
 Body Composition in Late Teenage Male: Noguchi M.,
 Ysunawase N., Yoshizuka K., Saito S., Muraki S., Watanuki
 S., Proceeding of the 9th International Symposium of the
 Asian Society for Adapted Physical Education and Exercise.
 35-45(2006)
2.Physiological Approach to a Desirable Gradient of Slope for
 Individuals Using Wheeled Technical Aids: Muraki S., Saito
 S., Proceedings of the 2nd International Symposium on
 Design of Artificial Environments. 156-159(2007)
3.The Effects of Different Floor Coverings on Stepping-Over
 Movements in the Elderly: Saito S., Muraki S., Proceedings
 of the 2nd International Symposium on Design of Artificial
 Environments. 160-163(2007)
                          TOP
著書

1.生理人類士入門(第4章人体 筋骨格系 pp.40-pp44)(
 2011)

紀要・報告書

【紀要】

1.高等学校運動部におけるアスレティックトレーナーの役割と必要
 性:中村浩也,三村寛一,鉄口宗弘,安部恵子,齋藤誠二.大阪
 教育大学紀要第W部門.51(2)521-528(2001.2)
2.第18回全日本女子駅伝のレース状況および結果に関する一考察
 :前田和良,齋藤誠二,橋場有哉,佐藤光子,八木田恭輔,三村
 寛一.大阪教育大学紀要第W部門.52(1)203-210(
 2001.9)
3.男性高齢者におけるトレッドミル歩行能力の分析:盧偉華,齋藤
 誠二,橋場有哉,羅彭,吉田智美,鉄口宗弘,三村寛一.大阪教
 育大学紀要第W部門.52(2)319-325(2004.2)
4.中高齢肥満女性における運動療法の効果:羅彭,吉田智美,橋場
 有哉,齋藤誠二,劉雲発,鉄口宗弘,三村寛一.大阪教育大学紀
 要第W部門.52(2)311-318(2004.2)
5.K市における生涯教育の現状と課題について:芝原玲,三村寛一
 ,鉄口宗弘,齋藤誠二,吉田智美,三村達也.大阪教育大学紀要
 第W部門.53(2)135-144(2005.2)
6.大学女子バスケットボール選手における運動前の水分摂取が生体
 に及ぼす影響:鉄口宗弘,三村寛一,齋藤誠二,安部恵子,中尾
 勇人.大阪教育大学紀要第W部門.54(2)25-33(2006.2)
7.中高年の体力と生活・運動習慣に関する研究:三村寛一,塩野祐
 也,齋藤誠二,鉄口宗弘,安部恵子,三村達也.大阪教育大学紀
 要第W部門.54(2)35-44(2006.2)
8.スポーツシューズの形状変化が腰部および下肢部へ与える影響に
 関する調査研究:齋藤誠二,永井由美子,山川正信.大阪教育大
 学紀要第W部門.55(1)1-8(2007.9)

【報告書】
1.小学校児童の形態と運動能力および生活習慣について:三村寛一
 ,入口豊,安部恵子,鉄口宗弘,前田和良,橋場有哉,齋藤誠二
 .平成14年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告No.T「身
 体活動・運動アドビアランス強化に関する心理・行動科学的研究
 」第2報.107-119(2003.3)
2.ライフコーダを用いた小学校高学年における一日の活動量:三村
 寛一,入口豊,安部恵子,橋場有哉,前田和良,齋藤誠二,西谷
 圭太.平成14年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告No.T
 「身体活動・運動アドビアランス強化に関する心理・行動科学的
 研究」第2報.121-128(2003.3)
3.体力測定からみた中高齢者の体力と生活・運動習慣に関する研究
 :三村寛一,入口豊,鉄口宗弘,齋藤誠二,塩野祐也,吉田智美
 .平成15年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告No.T「身
 体活動・運動アドビアランス強化に関する心理・行動科学的研究
 」第3報.125-132(2004.3)
4.
製品の「使いやすさ」と形状設計技術に関する研究:桐山有司,
 村木里志,齋藤誠二,蓑原大悟.長崎窯業技術センター研究報告
 (平成16年度).32-33(2005.12)
5.製品の「使いやすさ」と形状設計技術に関する研究-ユニバーサ
 ルデザイン製品の評価技術・設計技術の製品開発研究-:桐山有
 司,小林孝幸,山口英次,村木里志,齋藤誠二,蓑原大悟.長崎
 窯業技術センター研究報告(平成17年度).36-41(
 2006.12)
6.15歳から20歳男女の運動と遺伝が身体組成に及ぼす影響:野口
 正憲,綱分憲明,吉塚一典,齋藤誠二,村木里志,綿貫茂喜.佐
 世保工業高等専門学校研究報告.44 61-68(2007.12)
                          TOP

学会発表

【国際学会】

1.Tracks and Sense of Feet Positioning Step-Over Motion tn
  the Elderly: Saito S., Qun Z., Yoshida M., Himeno Y.,
 Muraki S., 9th International Symposium of the Asian
 Society for Adapted Physical Education and Exercise,  
 Nagasaki, Japan(2006)
  *Young Investigators Excellent Award 2006 受賞
2.Work Efficiency during Wheelchair Locomotion on a Slope:
 Muraki S., Saito S., Mihoshi A., 9th International
 Symposium of the Asian Society for Adapted Physical
 Education and Exercise, Nagasaki, Japan(2006)
3.Effects of Physical Activity and Heredity on Physique and
 Body Composition in Late Teenage Male: Nogushi M.,
 Tsunawake N., Yoshizuka K., Saito S., Muraki S., Watanuki
 S., 9th International Symposium of the Asian Society for
 Adapted Physical Education and Exercise, Nagasaki,
 Japan(2006)
4.The Effects of Different Floor Coverings on the
 Stepping-Over Movement in the Elderly: Qun Z., Saito S.,
 MUraki S., 9th International Symposium of the Asian
 Society for Adapted Physical Education and Exercise,
 Nagasaki, Japan(2006)
5.Foot Trajectory Pattern and Perception of Foot Position
 while Stepping Over an Obstacle in the Elderly: Muraki S.,
 Saito S., Yoshida M., The 8th International Congress of
 Physiological Anthropology, Kamakura, Japan (2006)
6.Physiological Approach to a Desirable Gradient of
 Longitudinal Slope for All Users: Muraki S., Saito S.,
 Mihoshi A., The 2nd International Conference for Universal
 Design, Kyoto, Japan(2006)
7.Vertical Pitch of Pushbuttorns and Operability of Small Cell
 Phones with the Thumb-From the Viewpoint of Universal
 Design: Nobuhiro Y., Saito S., Muraki S., Okabe K., Abe T.,
 The 2nd International Conference for Universal Design,
 Kyoto, Japan(2006)
8.Physiological Approach to a Desirable Gadient of Slope for
 Individuals using Wheeled Technical Aids: Muraki S., Saito
 S., The 2nd International Symposium on Design of Artificial
 Environments, Fukuoka, Japan(2007)
9.The Effects of Different Floor Coverings on the
 Stepping-Over Movement in the Elderly: Saito S., Muraki S.
 , The 2nd International Symposium on Design of Artificial
 Environments, Fukuoka, Japan(2007)
10.Relationship between Swelling and Discomfort in the
 Lower Limbs during Prolonged Walking and Standing:
 Kuroda K., Saito S., Muraki S., Asia-Pacific Conference on
 Exercise and Sports Science 2007. Hiroshima, Japan(2007)

【国内学会】
1.スポーツシューズの形状変化が身体へ及ぼす影響に関する調査研
 究:齋藤誠二,三村寛一,中尾勇人,前田和良,八木田恭輔.日
 本教育医学会第50回記念大会兼第2回国際教育医学会会議.愛媛
 (2002.8)
2.地域肥満中高齢者における活動量と歩数の変動:前田和良,三村
 寛一,鉄口宗弘,齋藤誠二,大和良平.第57回日本体力医学会
 .高知(200.9)
3.大阪府下の幼稚園・小学校・中学校・高等学校における10年間
 の傷害発生状況の推移:齋藤誠二,三村寛一,橋場有哉,前田和
 良,鉄口宗弘.第17回日本体力医学会近畿地方会.滋賀(
 2003.1)
4.ライフコーダを用いた小学校高学年における一日の活動量:橋場
 有哉,齋藤誠二,前田和良,桝屋剛,安部恵子,三村寛一.第
 51回日本教育医学会.岐阜(2003.8)
5.K市における生涯学習の現状と課題:芝原玲,齋藤誠二,鉄口宗
 弘,池谷茂隆,三村寛一.第51回日本教育医学会.岐阜(
 2003.8)
6.小学生における接地足蹠面の形状と運動能力との関係:齋藤誠二
 ,桝屋剛,安部恵子,橋場有哉,三村寛一.第50回日本学校保
 健学会.神戸(2003.11)
7.大学女子バスケットボール選手における運動前の水分摂取が生体
 に及ぼす影響:吉田智美,鉄口宗弘,橋場有哉,齋藤誠二,三村
 寛一.第50回日本学校保健学会.神戸(2003.11)
8.週5日制による学校・園における傷害発生の変容:齋藤誠二,高
 木信良,桝屋剛,鉄口宗弘,三村寛一.第18回日本体力医学会
 近畿地方会.兵庫(2004.1)
9.ライフコーダからみた幼児における一日の活動量の検討:安部恵
 子,三村寛一,齋藤誠二,吉田智美,桝屋剛,米谷光弘.第
 52回日本教育医学会.兵庫(2004.8)
10.ベビーカー移動時の身体的負担に関する調査:大神博史,齋藤
 誠二,村木里志.日本人間工学会九州支部第25回大会.鹿児島
 (2004.11)
11.摩耗した靴が歩行中の下肢に与える影響:齋藤誠二,村木里志
 .日本生理人類学会.長崎(2005.6)
12.移動経路上のバリアにおけるベビーカー利用者の身体負担と危
 機感に関する調査研究:大神博史,齋藤誠二,村木里志.日本福
 祉のまちづくり学会.千葉(2005.8)
13.青少年期男女における身体組成と骨密度の年齢変化:綱分憲明
 ,野口正憲,吉塚一典,齋藤誠二,村木里志.日本生理人類学会
 第54回大会.仙台市(2005.10)
14.青少年後期男子の運動習慣および遺伝が身体組成に及ぼす影響
 :野口正憲,綱分憲明,吉塚一典,齋藤誠二,村木里志,綿貫茂
 喜.日本生理人類学会第54回大会.仙台市(2005.10)
15.高齢者の下肢拳上における位置知覚能に関する研究:齋藤誠二
 ,村木里志.日本体育学会第56回大会.つくば市(2005.11)
16.車いす生活者の運動所要量および栄養所要量(簡易版)の作成
 :村木里志,齋藤誠二.日本体育学会第56回大会.つくば市(
 2005.11)
17.床環境の違いが高齢者の障害物またぎ動作に及ぼす影響:趙群
 ,齋藤誠二,姫野祐実,村木里志.人類働態学会西日本地方会第
 31回大会.福岡市(2005.12)
18.靴底の摩耗の幅および厚さが歩行動態に及ぼす影響:齋藤誠二
 ,村木里志.人類働態学会西日本地方会第31回大会.福岡市(
 2005.12)
19.高齢者の転倒予防を目的とした膝上げ歩行に関する研究:江上
 弘孝,齋藤誠二,村木里志.第26回医療体育研究会/第9回アジ
 ア障害者体育スポーツ学会日本部会第7回合同大会.仙台市(
 2005.12)
20.歩道におけるベビーカー利用者の身体負担と危険性に関する調
 査研究:大神博史,齋藤誠二,大倉美鶴,村木里志.第3回生活
 支援工学系学会連合大会.津市(2005.12)
21.車いす駆動時における「乗り心地」に影響を与える要因の検討
 :蓑原大悟,齋藤誠二,村木里志.第3回生活支援工学系学会連
 合大会.津市(2005.12)
22.若年者と高齢者における靴の使用と靴底の摩耗特性に関する実
 態調査:齋藤誠二,村木里志.日本人間工学会第47回大会.大
 阪市(2006.6)
23.介護用電動ベッドの膝上げ機能による下腿のむくみ軽減効果に
 ついて:黒田孝路,大倉美鶴,齋藤誠二,村木里志.日本人間工
 学会第47回大会.大阪市(2006.6)
24.靴底の摩耗が長時間歩行中の下肢の安定性と衝撃およびエネル
 ギー消費に及ぼす影響:齋藤誠二,村木里志.日本生理人類学会
 第56回大会.東京(2006.6)
25.介護用電動ベッドの膝上げ機能による下腿のむくみ軽減効果に
 ついて-高齢者を対象として-:黒田孝路,大倉美鶴,齋藤誠二,
 村木里志.日本生理人類学会第56回大会.東京(2006.6)
26.高齢者と若年者における靴底の摩耗に関する実態調査:齋藤誠
 二,村木里志.第27回医療体育研究会/第10回アジア障害者体育
 ・スポーツ学会日本部会合同大会.広島(2006.11)
27.ドアノブのハンドル角度に関する主観および筋活動による考察
 -ドア開閉時の負担を軽減するドアノブの提案-:桐山有司,齋藤
 誠二,村木里志.日本人間工学会九州支部第27回大会.福岡(
 2006.12)
28.車いすの推進介助方法が乗り心地に及ぼす影響について-看護師
 と介助未経験者の操作方法から-:能登裕子,齋藤誠二,吉田光
 徳,村木里志.日本人間工学会第48回大会.名古屋市(
 2007.6)
29.現代日本人における15歳から20歳男女の体型の特徴:野口正憲
 ,綱分憲明,吉塚一典,齋藤誠二,村木里志.九州・体育スポー
 ツ学会第56回大会.長崎(2007.8)
30.介助による車いす発進・停止操作における速度変化と乗り心地
 との関係:能登裕子,齋藤誠二,村木里志.第15回看護人間工
 学部会(2007.9)
31.電動ベッドの背上げ機能が下腿のむくみに及ぼす影響:黒田孝
 路,佐々木晃洋,齋藤誠二,村木里志.第15回看護人間工学部
 会(2007.9)
32.乗り心地に関連した看護師の車いす推進操作特性の実態調査:
 能登裕子,齋藤誠二,村木里志.第38回日本看護学会(
 2007.10)
33.車椅子使用者の入浴動作における安全性確保のためのデジタル
 コンテンツ化:崔智英,齋藤誠二,梅崎園美,栃原裕,源田悦夫
 .日本人間工学会九州支部第28回大会.大分(2007.12)
34.足部・足趾伸展機能を付加した機能性靴下の運動学的および感
 性学的評価:峰悠子,野藤悠,齋藤誠二,村木里志,熊谷秋三.
 第10回健康支援学会学術集会.福岡市(2008.2)
35.足部足趾背屈機能を目的とした靴下の歩行分析による評価:峰
 悠子,野藤悠,齋藤誠二,村木里志,熊谷秋三.第63回日本体
 力医学会.大分(2008.9)
36.異なる床材が高齢者の障害物またぎ動作に与える影響:齋藤誠
 二,村木里志.第63回日本体力医学会.大分(2008.9)
37.介助者による車いすの発進・停止操作の推進速度と乗り心地と
 の関係:能登裕子,齋藤誠二,村木里志.第39回大会日本看護
 学会(看護管理).熊本(2008.10)
38.歩行分析からみた靴底の摩耗の影響に関する研究:齋藤誠二,
 村木里志.第47回山陰体育学会.島根(2008.12)
39.床材の違いが歩容に与える影響:田中翔子,村木里志,齋藤誠
 二.日本人間工学会第52回大会.東京(2011.6)
40.スリッパの着用が歩容に与える影響:齋藤誠二,村木里志,松
 本和也,高尾学.日本人間工学会第52回大会.東京(2011.6)
41.靴の踵部分における摩耗の危険閾と最適形状に関する研究:齋
 藤誠二,近藤信.日本人間工学会第53回大会.福岡市(
 2012.6)
42.スリッパの屈曲性が歩容に与える影響:田中翔子,齋藤誠二.
 日本人間工学会第53回大会.福岡市(2012.6)
43.使用性を求めた黒板消しの形状に関する研究:吉岡廉,村上智
 大,尾田周平,齋藤誠二.山陰体育学会第52回大会.島根(2013.12)
44.紳士用靴下足底部の通気性と滑り抑制が疲労感および快適性に
 与える影響:村上智大,尾田周平,吉岡廉,齋藤誠二.山陰体育
 学会第52回大会.島根(2013.12)
45.使用性を考慮した黒板消し形状の検討:吉岡廉,村上智大,齋
 藤誠二.日本人間工学会第55回大会.神戸市(2014.6)
46.靴底の摩耗と使用状況および歩容との関係−若年男性を対象と
 して‐:齋藤誠二.日本人間工学会第56回大会.東京都(2015.6)
47.摩耗した靴を履いて歩行した際の床反力と足関節モーメントの
 分析:小出彩友美,倉本尚幸,齋藤誠二.日本人間工学会56回
 大会.東京都(2015.6)
48.スリッパのズレを抑制するための重心位置の検討:倉本尚幸,
 小出彩友美,齋藤誠二.日本人間工学会第56回大会.東京都(2
 015.6)
49.下肢のむくみによる倦怠感に関する研究:齋藤誠二,村木里志
 .第70回日本体力医学会大会.和歌山市(2015.9)
50.靴底の摩耗が歩行中の下肢に与える影響−若年女性を対象とし
 て:小出彩友美,倉本尚幸,齋藤誠二.第36回バイオメカニズ
 ム学術集会.長野県(2015.11)
51.イメージスキャナを用いた靴底摩耗計測の検討−高さと色の関
 係から−:倉本尚幸,小出彩友美,齋藤誠二.第48回日本人間
 工学会中国・四国支部大会.広島市(2015.12)
52.靴底の摩耗が走行中の下肢に与える影響:山根雅宏,小出彩友
 美,倉本尚幸,齋藤誠二.第48回日本人間工学会中国・四国支
 部大会.広島市(2015.12)
53.若年女性における靴底摩耗と使用状況及び歩容との関係:野村
 学史,小出彩友美,齋藤誠二.第48回日本人間工学会中国・四
 国支部大会.広島市(2015.12)
54.靴底の摩耗が若年女性の歩容に与える影響:小出彩友美,倉本
 尚幸,齋藤誠二.日本人間工学会第57回大会.三重県(2016.6
 )
55.イメージスキャナを用いた靴底摩耗計測の検討:倉本尚幸,小
 出彩友美,齋藤誠二.日本人間工学会第57回大会.三重県(2016.6)
56.歩行周期と身体特性の関連性:村上智大,倉本尚幸,小出彩友
 美,齋藤誠二.第37回バイオメカニズム学術講演.富山県(201
 6.11)
57.ルームシューズのインソール形状が足圧分布と重心動揺に及ぼ
 す影響:藤原由衣,倉本尚幸,齋藤誠二.第49回日本人間工学
 学会中国・四国支部大会.香川県(2016.12)
58.足底刺激が立位安定性に与える影響:正木良典,倉本尚幸,齋
 藤誠二.第49回日本人間工学学会中国・四国支部大会.香川県
 (2016.12)

                          TOP

その他

【外部資金】

1.文部科学研究費研究補助金(若手研究(B))2010-2011

【特許 等】
・特許 1件
・意匠 1件

【その他】
・受託研究 3件
・共同研究 3件

 「靴(スニーカー)に関する研究」
  無印良品 くらしの良品研究所
  http://www.muji.net/lab/project/sneakers/
 「快適な靴下の設計の為の研究」

                          TOP