学生の研究

卒業研究テーマ

【2010年度〜2013年度】(松江工業高等専門学校において)
・床材の違いが歩容に与える影響
・和太鼓の打動作における上肢の動作解析
・転倒防止を目的としたスリッパの開発
・靴底の摩耗による危険閾と最適形状に関する研究
・婦人用靴下の通気性と滑り抑制が疲労感および快適性に与える影
 響
・紳士用靴下の通気性と滑り抑制が疲労感および快適性に与える影
 響
・使用性を求めた黒板消しの形状に関する研究

【2014年度】
・スリッパのずれを抑制するための重心位置の検討
・靴底の摩耗形状が前額面における足関節モーメントと下肢に与える影響
・高学年児童の蛇口ハンドル使用実態
【2015年度】 
・バスケットシューズのソールの摩耗が切り返し運動に与える影響
・若年女性における靴底摩耗と使用状況および歩容との関係
・靴底の摩耗が走行中の下肢に与える影響
【2016年度】

・膝関節の可動域制限による日常生活動作中の下肢への衝撃
・足底刺激が立位安定性に与える影響
・ルームシューズのインソール形状が足圧分布と重心動揺に及ぼす 影響
・修士論文:イメージスキャナを用いた靴底形状変化の計測
・修士論文:靴底の摩耗が歩行に与える影響  −若年女性を対象 として−